シリア史
第一次世界大戦~フランス統治の時代

 第一次大戦が終わると、英仏は中東地域を支配する  シリアはフランス統治下に入る

 フランス統治の時代①  シリア国民が1つにまとまらないように、分割統治を行う

  宗教の各派  アラウィ派 ドルーズ派

  フランス統治の時代②  典型的な植民地政策を実行する

フランス統治の時代③  シリア人の憲法案が葬られ、フランス人作成の憲法が布告される

フランス統治の時代④  シリア独立につながる条約が生まれるも、フランス議会は批准せず

 フランス統治の時代⑤  アレクサンドレッタ県は、仏の思惑でトルコに併合される

 フランスは軍事力で阻止しようとするが、1946年にシリアとレバノンは独立を果たす


シリア史 トップページへ戻る