ギリシャ戦の感想① 中田英寿さんの話

(ナンバー2014年6/30臨時増刊号 から抜粋)

グループリーグの半分の戦いが終わった。

ここまでは、体格で劣ってもよく走り素早いパスワークを見せる、中南米のチームが好結果を残している。

日本が4年間積み重ねてきたのは、そういうサッカーだったはずだ。

だがギリシャ戦でも、攻めてはいたが、3人目、4人目と攻めるリスクを冒したサッカーではなかった。

1戦目と違い、ラインを高く保ち、プレスを掛けてボールを奪うことは出来ていた。

しかし、ドリブルの場面が目立ち、細かいパスワークで相手を翻弄するサッカーは出来なかった。

選手同士の距離が遠く、攻撃に連動がない。

大迫、大久保、岡崎は、それぞれ孤立していて、大久保の突破も単発に終わっていた。

本来は大迫の近くでプレーしなければならない本田は、ハーフライン辺りまで下がり、
FW陣との距離が開いていた。

そのため、日本らしい流れるような細かいパスが出なかった。

後半の頭から長谷部に代えて遠藤を投入したのは、リズムの悪さを修正しようと考えたからだろう。

だが、中盤にリズムは生まれたが、そこから先は改善されないままだった。

後半12分に香川を投入したが、交代したのは大迫だった。

大迫は懐が深いので、味方を待つプレーができる。彼を残して岡崎を代えた方が、攻撃に幅が生まれたような気がする。

後半になると、ギリシャは完全に引き分けを狙って、守りに入った。

そのギリシャを崩すための、連係もアイディアもチャレンジも無い。

後ろからの崩しも、ダイレクトプレーも無いので、ギリシャは10人でも守りやすかったのではないか。

(2014年11月14日に作成)


サッカー 目次に戻る