ハリルジャパンの初陣2試合について 選手のコメント

(サッカーキングのHPから抜粋)

ハリルホジッチ監督の初陣となった2015年3月27日のチュニジア戦で、2-0で勝利した日本代表。

翌日に、キャプテンとしてフル出場した長谷部は、こう述べた。

長谷部

「 今、自分たちが取り組んでいるのは、裏への速い攻撃。

  遅攻は今までやってきたものがあるし、ボールポゼッションに関しては自信もあるんで、
  1タッチ2タッチの速いプレーをトライしていく時期。

  監督の言うこと(縦に速く)を、やり過ぎる位で良いと思う。 

  チュニジア戦では、球際で闘う部分などで、強度は今までよりも上がっていた。

  全体としては凄く良い守備ができていて、そこに一番手応えがありました。

同3月31日のウズベキスタン戦では、日本は5-1で勝利した。

試合後に香川真司は、こう述べた。

香川

「 もっと厳しい試合でないと分からない事があります。

  (戦術は)ドルトムントと共通している所はたくさんある。

  若い選手も出てきて結果を残したし、良いチームになってきていると思う。

  個人的には、最後のところで相手の脅威になれるようになりたい。 」

内田篤人

「 2連勝したけど、1失点は要らなかった。

  ああいう1点をつめていくかは監督次第。自分達はつめていくんだけど。

  ブラジル代表だったら、たぶん失点しないからね。

  彼らは、3~4点取ったら、いなして遊ぶ。 俺らは何回もやられてるから。

  ハリルホジッチ監督の言っている事は、本当にスタンダードだと思います。

  細かく要求してくるけど、ヨーロッパのクラブチームではもっと高く要求してくる。

  俺は毎日やってるから、『別に普通じゃん』と思う。

  やっとパスとか速くなってきたけど、(自分の所属チームの)シャルケの方がもっと
  速いからね。

  意識が変わってきたのは、すごく良い事だと思います。

  大事なのは、負けた時やうまく行かない時。

  そこで俺らも監督もどうするかが一番大事。 」

本田圭佑

「 (目指しているのは)あの速さでサッカーをしつつ、正確さを求めていくこと。

  正確さを求めるがゆえにスピードを落とす事ではない。

  ブラジル代表なんかは、あの位のスピードなのに、本当に質が高い。

  インテンシティの高い中で、テクニックにこだわれば、かなり向上の余地がある。

  トライしていく事が新鮮だし、楽しみな気持ちで一杯です。

  (1失点については)あそこで失点するならば、大事な試合でも失点してしまうと
  思う。 」

(2015年12月29日に作成)


サッカー 目次に戻る