2014年W杯の特徴 宮本恒靖さんの話

(ZONE2014年9月号から抜粋)

質問  2014年W杯で、サッカーの変化は感じましたか?

宮本

   一番感じたのは、3バックと5バックのチームが増えてきたこと。

   ここ10年は4バックがベースだったので、最も分かりやすい変化でしょう。

   もう1つは、カウンター型のチームが多かったこと。

   縦に速い仕掛けを狙っていて、全体的に縦に速いサッカーが多かったです。

質問  カウンター型が増えたのは、サッカーが守備的になったという事なのですか?

宮本

   ディフェンスに人数をかけていますが、守備的ではありません。

   ベースにはスペインのスタイルがありつつ、優先順位として縦への意識が高くなっていた。

質問  5バックは、クラブレベルではあまり見られません。

    でも今回のW杯では、オランダ、メキシコ、コスタリカ、チリなど、採用したチームは
    好結果を出しています。

宮本

   ポゼッションに長けたチームへの方策として、後ろの人数を増やしたのでしょう。

   でも、5バックだから守備的かというとそうではなく、例えばコスタリカは、守備時は
   5-2-2-1だけど、攻撃時は両SBが上がって3-4-2-1になっていた。

質問  コスタリカがベスト8まで勝ち上がったことは、驚きでした。

宮本

   コスタリカの場合、5バックが引いて守っているのではない。

   前の選手がプレッシャーをかけている間に、後ろの5枚はラインを上げていました。

   だから、多くのオフサイドを取る事ができていました。

   センターハーフの2枚は、常に目の前の選手にプレッシャーを掛けていました。

   それは、DFラインを押し上げてくれる約束事がハッキリしていたからです。

質問  優勝したドイツには、どのような印象を持っていますか?

宮本

   ドイツは、動き方の洗練度がずば抜けていますね。

   守備での特徴は、両サイドのスペースをエジルとミュラーが埋めて、ケディラ・クロース・
   シュバインシュタイガーの中盤3人は距離感を変えず、サイドに出ないで中央のスペースを
   ケアしていました。

   練習では、『1トップがプレスをかける動きに連動して中盤を押し上げる』との確認を
   絶えず行っていたそうです。

質問  今大会でのドイツの得点は、高い位置でボールを奪ってからのショート・カウンターで
    生まれています。

宮本

   (ブラジルとの)準決勝のハーフタイムにレーブ監督は、「5-0だが、守備を止めるな」と
   指示したそうです。

   印象的だったのは、5点差がついた後に、GKからパスをつなぐ場面です。

   CBがサイドに開くのが約束事になっていたのですが、フンメルスが気を抜いて開かなかった。

   その時、ノイアーはフンメルスを叱り飛ばしたんです。

質問  ドイツを見ていると、守備が攻撃になっていると感じます。

宮本

   チリなどもそうですが、『高い位置でボールを奪って、相手の崩れている所を突く』のが、
   今大会のトレンドだったと思います。

   ドイツに関しては、GKのノイアーの存在が大きかったです。

   彼が最終ラインの背後をカバーしてくれるので、DFはラインを押し上げられます。

質問  ノイアーは、ペナルティ・エリア外でのプレイが非常に多かったですね。

宮本

   それだけビルドアップに関与している、という事です。

質問  アルゼンチンのメッシは、ディフェンスをせずにほとんどの時間を歩いていました。

    彼についてはどんな印象ですか?

宮本

   個人的には「ちょっと違うな」と思います。

   チームへのリスペクトという意味でも、最低限のポジションは取ってほしい。

質問  もしメッシとチームメイトだったら、そこは要求しますか?

宮本

   もちろん言いますよ(笑)。

   メッシが走らなくても成立したのは、ディマリアの存在が大きかったです。

   ディマリアは、ディフェンスで頑張れるし、攻撃でも良い動きができる。

   彼が居てこその、今大会のメッシだったと思っています。

質問  ディフェンス面で、個の強さを感じた場面はありましたか?

宮本

   南米のチームのCBは、安易に下がらずに、隙を見つけたら潰してしまう。

   パスを通されたら危ないという場面では、体を投げ出します。

   日本人の感覚では、相手が優位な状況なら、やられないように無理をしないのがセオリーです。

   でも世界のDFには、不利な状況でも個の力で止めてしまう人がいる。

質問  トップレベルのDFを見ていると、ボールホルダーに攻め込んでいる印象があります。

宮本

   中盤もそうじゃないですか。

   W杯で見えた日本と世界の違いは、『インテンシティ(プレーの強度)』です。

   日本の守備は、「プレスにはめて、相手のミスを誘って奪う」のが一般的です。

   相手が良い状態でも奪いに行けるようになる事が、今後のテーマです。

質問  ボールを奪う技術を高めるには、何が必要でしょうか?

宮本

   例えば、Jリーグの判定基準を見直すことや、育成年代でボールをどんどん取りに行かせる事です。

   もちろん、危険なファウルは厳しく取り締まらなければいけませんが。

(2015年12月29日に作成)


サッカー 目次に戻る