コートジボワール戦の感想① 中田英寿さんの話

(ナンバー2014年6/25臨時増刊号 から抜粋)

「何故こんなに引いて守っているんだろう?」

立ち上がりに感じたこの違和感は、結局は最後まで続いた。

この4年間に日本代表が積み重ねてきたのは、『高い位置からプレスを掛けてのボール奪取。そしてそこから繰り出す細かいパスワークで相手を翻弄するサッカー』だったはずだ。

それなのに、なぜW杯本番になって真逆のサッカーをしてしまったのか。

理由の1つは、おそらくブラジルの暑さだ。

試合会場のレシフェは、高温多湿の町だ。

もう1つの理由は、相手のスピードを恐れたのだと思う。

W杯前の試合で失点を重ねたため、修正しようとしたのかもしれない。

しかし、この4年間の日本はそんな戦い方をしてきていない。

スペインは、オランダ戦で失点を重ねた時でも、ロングボールを蹴らずに自分たちのパス・サッカーを貫き通していた。

コスタリカも、自分達のスタイルでウルグアイに勝利した。

逆にイングランドは、イタリアのゆっくりしたパス回しに合わせて、敗れた。

『どんな時でも自分達のサッカーをすること』、これはある意味では、勝ち負け以上に重要な事だと思う。

日本選手の実力は、かつてよりも飛躍的に上がっている。

僕は、「日本代表は世界で戦う力を十分に持っている」と言い続けてきた。

しかし、「日本は優勝候補なのか?」と聞かれれば、「YES」とは言いにくい。

日本には、まだ足りない要素がある。

それは、体力でも技術でも戦術でもなく、『どんなサッカーをするのか』という明確なスタイルの確立だ。

言い換えるなら、「日本の伝統」「日本らしさ」の確立だ。

強豪国には、脈々と流れる独自のスタイルがある。

日本も「日本のスタイル」を確立しない限り、優勝を争うステージに立つ事はできないと思う。

自戒を込めて言えば、僕が出場した3大会では、結果を求める事に終始してしまった。

前回大会(南アフリカ大会)でも、結果を求める試合をしていた。

今回こそ「日本らしい」戦いをし、50年後の日本サッカーのための礎を築いてほしい。

体力の消耗が気になるからといって、引いて守るのには賛成できない。

スタミナが気になるなら、体力を温存しつつ、相手を走らせるパス回しをすればいい。

南アフリカ大会では引いて守ったが、あの時は直前までガタガタの状態で、苦肉の策だった。

コートジボワールの過去の試合を見れば、「DF陣のボール回しの不安定さ」が最大の弱点だとすぐに分かる。

もっと高い位置でプレスを掛けて、ミスを誘うべきだった。

日本は引いて守る事で数的優位になっていたが、スペースは埋めていても、人とボールに
プレッシャーをかけていなかった。

そして、人数がいる結果、相手へのマークが曖昧になっていた。

アフリカ勢は、ミスを恐れないトリッキーなプレーを好み、上手く行くと手が付けられなくなる。

逆に、プレッシャーをかけてミスを誘えば、非常に脆い。

この試合では、日本はコートジボワールの調子を引き出してしまった。

この試合の香川と本田は、全体が引いてしまったために、中盤まで下がってボールをもらう事になり、相手にとって危険なポジションでプレーできなかった。

1トップの大迫は孤立し、彼を起点としたプレーは出来なかった。

後半の遠藤の投入は、自分達のパスサッカーを思い出すためだったのだろう。

一時的にリズムは良くなりかけたが、味方の動きが続かずリズムはやがて途絶えた。

自分達のストロング・ポイントを消して、相手のウィーク・ポイントを突かないのでは、
勝つのは難しい。

「誰が良くて、誰が悪い」という試合ではなかった。

問題なのは、監督や選手がやるべき事を見失っている様に見えた事だ。

試合翌日に(コートジボワールの)ラムシ監督と話したら、「日本は、日本のサッカーをしてなかった」と言っていた。

第2戦では、自分達が4年間積み上げてきたものを出し切ってほしい。

(2014年11月6日に作成)


サッカー 目次に戻る