コートジボワール戦の感想② 戸塚啓さんの話

(ナンバー2014年6/25臨時増刊号 から抜粋)

日本は、ゲームの入り方は悪くなく、リスク管理をして16分には先制点を取った。

直前のテストマッチが、前半の戦いぶりには活かされていた。

前半を1-0で折り返した要因に、最終ラインの押し上げが挙げられる。

象徴的なのは34分で、失点しかねない場面だったが、日本は(ラインを上げて)ボニーを
オフサイドポジションに置き去りにした。

自陣でとはいえコンパクトさを意識する事で、守備で互いがサポートできる距離感が保たれていた。

しかし、62分にドログバが登場すると、最前線でボールを収められて、DFラインの
押し上げがままならなくなっていく。

吉田と森重の両CBが警告を受けていた事も、ドログバへの対応を困難にしたのだろう。

日本の2つの失点は、どちらも右SBのオーリエのクロスボールからだった。

そして、彼にはプレッシャーが掛かってなかった。

香川と長友のいる左サイドを執拗に攻められ、日本は攻撃の要である「左サイドからの崩し」も封じられてしまった。

コートジボワール戦に似た失点は、ザンビアとのテストマッチでも見られた。

立て続けにゴールを許すのも、同じくレシフェを舞台にしたコンフェデ杯のイタリア戦で見た。

世界の強豪との対戦ではお馴染みのパターンで、準備不足では片付けられない。

前半終了時のボールポゼッション率は、43対57だった。

後半途中には、41対59にまでなった。

コートジボワールのシュート数は20だが、日本はわずか7だ。

得点シーンを除いた日本の決定機となると、20分の内田のシュートしかない。

日本は主導権を握れず、長所にしている敏捷性と連動性が出せなかった。

ザッケローニ監督の戦術も効果的ではなかった。

疑問符がつくのは、後半のシステム変更だ。

大迫に代わった大久保は、そのまま1トップに入ったが、ほどなくして2列目の左へ下がり、
本田が最前線へ上がった。

そして柿谷の投入後は、本田はトップ下に戻った。

度重なる配置の変更は、ピッチ上に混乱をもたらしていた。

(2014年11月6日に作成)


サッカー 目次に戻る