W杯直前 田中マルクス闘莉王選手の話

(ナンバー2014年6/25臨時増刊号 から抜粋)

   2014年W杯の最終メンバー発表から1週間。闘莉王はこう語る。

闘莉王 「正直なところ、(ザック監督は自分に)1度はチャンスを与えてくれても良かったんじゃ
     ないかと。

     前回のW杯では、自分は粘り強くプレーできたと思う。

     オランダ戦は1点に泣いたけど、あとはやられた場面はほとんど無かった。

     (2010年W杯の後に)一番いけなかったのは、10年の秋にザック監督が自分を選出して
     くれた時だった。

     当時の自分は最悪の状態で、父親が病気になってブラジルに戻り、帰国後のJリーグ戦で
     肉離れをしてしまった。

     あの時は、移籍1年目だった名古屋は初のリーグ優勝をかけた戦いの真っ最中だった。

     あの状況で代表も並行して戦う、そんな余裕は自分には無かった。

     その後、すぐに代表は11年1月のアジアカップで優勝した。

     その時点で、見切られてしまったのかもしれない。

     あの時、『闘莉王は代表をサボったんじゃないか?』みたいな声が飛んでいたでしょ。

     事情を知らないで判断されるのは困る。 」

   それから3年半、闘莉王に代表入りの扉が開くことは無かった。

   だが、今でも日本屈指のDFと言っていいはずだ。

闘莉王 「06年のドイツW杯でも、ジーコさんから声が掛からなかった。

     一度は呼んで、自分の目で判断してほしかった。 」

   闘莉王が代表で戦う姿を、また見られる可能性はあるのだろうか。

闘莉王 「ザックジャパン後に呼ばれたら…。

     俺よりもレベルが高いと思うDFが出てきたら、選ばれても行かない。

     でも、まだ負けない自信がある。そこに年齢は関係ない。

     本当の意味で、個の守備力が求められる瞬間が、DFにはある。

     そんな場面では、まだ俺や(中澤)佑二さんを超える選手は出てきていないと思う。

     まだ、俺は追い越されていない。

     今回のW杯で、日本が守備もしっかりできてグループリーグを突破したら、俺は代表に
     要らなかったとの評価になる。

     ただし、守備が崩壊した時には、どういう声が出てくるか。

     去年のコンフェデ杯で強豪国に滅多打ちにされた経験を、ここで生かさないといけない。

     W杯でまたやられたのでは、最高の舞台でもったいない。

     ブラジルW杯に出られないのは、すごく辛いよ。

     故郷での大会だし、ピッチ外での事でも色々とアドバイスできたと思う。

     俺が選ばれなかった事が正解だったかどうかは、W杯しか教えてくれない。 」

 ○ 村本尚立のコメント

   ブラジルW杯で日本の守備陣がいまいちだったのは間違いないし、闘莉王さんの言う事には
   かなりの説得力があります。

   センターバックの守備力が不足しているのは、W杯の3試合を見ていて痛感しました。

   ただし、「2010W杯では失点が少なかったから、その頃の方が守備は上」とは言えないと
   思います。

   2010年の時は、堅守速攻のスタイルを採り、守備に8~9人を割いて、攻撃は
   「うまく行けば儲けもの」みたいな感じでした。

   サッカーの美しさのかけらもない戦術で、何とかグループリーグを勝ち上がるためだけの方法を
   採ったのです。

   つまり、『攻撃は捨てて、守備に特化する』スタイルでした。

   ですから、失点が少ないのは当たり前で、もし失点が多かったら「なにをやっているんだ、
   最悪じゃないか」と言われる状況だったのです。

   ザックジャパンになってからは、失点の多い試合が続くと、「闘莉王をもう1度代表に呼ぼう」
   と言う識者は、けっこういましたよね。

   Jリーグで好調な時もありましたし。

   考えてみると、闘莉王さんは足元の技術もしっかりしているし、現代表のパス・サッカーでも
   機能するかもしれません。

   W杯の年になってからでも、所属チームの名古屋が絶好調だったり、闘莉王さんのパフォーマンスが
   ずば抜けていれば、呼ばれた可能性はあったと思います。

   実際に大久保さんのサプライズ招集はありましたし。

   アギーレ監督になってからの守備の崩壊っぷりを見ていると、「闘莉王さんを呼んでみるのも
   悪くないかも」と思います。

   闘莉王さんと中澤さんには、2010年W杯での『DFラインを低くして守備を固め、とにかく
   ボールを跳ね返しまくる、攻められっぱなしの見苦しいサッカー』の印象が濃すぎるんだと
   思います。

   はっきり言って、2010年W杯では、最も詰まらないサッカーをしているのは日本でした。

   2人がそのサッカーの中心だったので、「彼らが代表に戻ると、あのサッカーに戻ってしまう」
   というトラウマの含まれた恐怖感が、私にはありました。

   しかし、冷静に考えてみると、競り合いに強いタフなCBが、今の代表には必要ですね。

   安易なロングパスに頼らず、きちんとパスを繋いでくれるなら、ゴリゴリ系のCBもありだと
   思います。

(2014年11月9日に作成)


サッカー 目次に戻る