富裕層の脱税の手口 ボンド・ウオッシング

(タックスヘイブンの闇から抜粋)

1940〜50年代に、イギリスでよく使われていた脱税方法は、『ボンド・ウオッシング』です。

これは、クーポン(利子)支払日の直前に債券を売却し、売値よりも低い価格で買い戻すことで、無税の売却益を生み出す手法です。

クーポンを受け取って一時的に所有する者は、オフショア地域にいて、課税を逃れるのです。

(2014.3.11.)


世界情勢の勉強 脱税(タックスヘイブン他) 目次に戻る