イングランド銀行は、巨大な脱税市場であるユーロダラー市場を創る

(タックスヘイブンの闇から抜粋)

1957年の時点でも、イギリスの通貨ポンドは、まだ世界貿易の40%で使われていました。

だが、イギリスの植民地が次々と独立していくと、ポンドの価値が落ちてきました。

イギリス政府は、銀行の海外融資を制限することで、資本の流出を食い止めようとします。

しかしイングランド銀行は、「金利を引き上げる」という別の案を考えました。

(高金利だと、外国からお金が入ってきます)

同行は、「金利を上げることで、イギリスの景気が悪くなっても構わない」と考えたのです。

(高金利だと製造業などの借り手は困ります)

ハロルド・マクミラン首相は、イングランド銀行を止めようとしましたが、
同行総裁のコボルド卿は「政府には、銀行に指示する権限はない。政府が何かしようとしたら、政府を破綻させてやる。」と脅しました。

マクミランは屈服しました。

それでもマクミランは、一つの譲歩を勝ち取った。
ロンドンのマーチャント・バンクの生命線だった「ポンド建て国際融資」に、政府が制限を
加えられるようにしたのです。

しかし、マーチャント・バンクたちは、国際融資をポンドからドルに切り替える策に出ました。

イングランド銀行は、それを規制せず、「この取引は、イギリス国内では発生していないと見なす」と決めたのです。

当時のイングランド銀行は、ジョージ・ボルトンの強い影響下にありました。

ボルトンは、為替トレーダーの出身で、1948年にイングランド銀行に迎えられます。

ボルトンは、こう言います。

「私は、外国為替取引について話し合うために、こっそり招き入れられたのだ。

 当時は、外国為替取引は、極めてうさん臭い話題だった。

 需要管理という規制を無くして、社会主義を消滅させれば、イギリスは帝国に戻れると
 考えた。」

ボルトンは、イングランド銀行の外国為替部門の責任者となり、『規制のないドル市場』を
ロンドンに作る事に情熱を注ぎました。

そして、『ユーロダラー』とか『ユーロ市場』と呼ばれる、規制のない真空地帯が誕生しました。

これにより、銀行は二重帳簿をつける事になりました。

オンショア業務用の帳簿と、オフショア業務用の帳簿です。

ロナン・パランは、「ユーロダラー市場は基本的に、帳簿上の仕組みだ」と言います。

現代のオフショア・システムが始まったのは、この時です。

それに気付いた者は、ほとんど居なかった。

ユーロダラーは、通貨のユーロとは何の関係もないし、ドルだけを取引しているのでもありません。

今日では、世界中の通貨が、このような形で取引されています。

ロンドンのこの新しい市場は、ただちに成長を始めます。

というのも、当時のソ連は、ニューヨークにドルを置くのを避けたがっていたからです。

冷戦が深刻化すれば、アメリカのソ連資本は差し押さえられる危険があります。

ロンドンでドルを保持できるこの新しい市場は、理想的な解決策でした。

そのため、ユーロダラーにソ連の資金がどんどん流入しました。

マルクス主義を掲げる国が、最も規制のない資本主義市場を成長させたのです。
マルクスが知ったら、仰天したでしょう。

ゲイリー・バーンはこう言う。

「ユーロダラー市場は、社会主義とケインズ主義に対する、新自由主義の反撃の狼煙だった」

現代のオフショア・システムの成長は、ロンドンから始まったものです。

P・J・ケインとA・G・ホプキンスは、こう言う。

「ポンドという船が沈んだ時に、ロンドンは新しい船(ユーロダラー)に乗り移った。

 シティ・オブ・ロンドンは、『オフショア・アイランド』に変貌することで生き延びた
 のだ。」

ロンドンのオフショア市場は爆発的に成長し、1961年には預金残高は30億ドルに達しました。

この頃になると、スイスなどが次々とこのゲームに参加し始めます。

そして、オフショア市場が拡大するにつれて、大量のマネーが世界中を駆け巡るようになりました。

1963年にイングランド銀行の総裁だったクローマー卿は、「為替管理は、市民の権利の侵害であり、倫理的に間違っている」と主張した。

(2014.3.12.)


世界情勢の勉強 脱税(タックスヘイブン他) 目次に戻る