カリブ海のオフショア・システムは、アメリカのマフィアが作った

(タックスヘイブンの闇から抜粋)

カリブ海のオフショア・システムの起源は、アメリカのマフィアにあります。

1931年にアル・カポネ(アメリカのマフィアの大ボスの1人だった人物)が脱税で有罪に
なると、
同業者のマイヤー・ランスキーは『カネをアメリカ国外に出し、きれいに洗ってから国内に戻す仕組み』を作りました。

ランスキーは、1932年にスイスに口座を開き、そこでローンバックの手法を完成させた。

カネをスイスの秘密口座に入れるのだが、おそらくリヒテンシュタインの匿名会社を経由させたと思われる。

スイスの銀行は、そのカネをアメリカ国内のマフィアに貸し付ける。

これでカネはきれいになって、アメリカに戻る。

ランスキーは、1937年にキューバでカジノ経営を始めます。

キューバは、事実上はマフィアのためのマネー・ロンダリング・センターだった。

マフィアとキューバ指導者の結びつきは、キューバ民衆の怒りをかき立て、1959年の
カストロ革命につながっていきます。

ランスキーはその後、マイアミに移住します。

そして、第2のキューバとして、バハマを開発しようとします。

バハマはイギリスの植民地で、少数の白人商人に支配されていました。

アメリカのマフィアが進出しても、イギリスは何もしなかった。

バハマの財務大臣であるスタッフォード・サンズは、ランスキーから180万ドルの賄賂を
受け取っていました。

サンズは、「銀行の守秘性を強化すれば、バハマは10億ドル以上のダーティー・マネーを
獲得できる」と語っていた。

多くのバハマ人はマフィアとの癒着に不満を持ち、1967年には「人民に力を」と主張する政治家リンデン・ピンドリングが首相となります。

だが、ランスキーはピンドリングにも賄賂を渡しており、カジノとオフショア産業は続いていった。

1973年にピンドリングは、バハマを完全な独立へと導きます。

マフィアらは一斉に逃げ出した。

ミルトン・グランディはその理由を、こう説明する。

「ピンドリングが銀行に打撃を与える言動をしたからではなく、単に彼が黒人だったからだ」

そしてマネーは、バハマの隣りのイギリス領ケイマン諸島に流れ込むようになった。

アメリカ・マフィアのお抱え弁護士であるシドニー・コーシャックは、アメリカ・マフィアの真のキングメーカーでした。

コーシャックは、数人のハリウッド俳優の後ろ盾にもなっており、その1人はロナルド・レーガンでした。

(2014.5.9.)


世界情勢の勉強 脱税(タックスヘイブン他) 目次に戻る