イギリス圏のタックスヘイブンB 香港

(『タックスヘイブンの闇』から抜粋)

ミルトン・フリードマン(有名な経済学者)は香港を、『自由放任資本主義の世界最大の実験場』と呼びました。

アメリカのベテラン捜査官であるジャック・ブラムは、こう語る。

「イギリスは、香港を『規制のない世界』として設立した。

 (香港は、1997年までイギリスが租借していました)

 中国でビジネスをする企業は、香港に秘密法人を作る。

 今日、中国での不正行為のほとんどは香港で行われている。 」

1978年に中国が市場開放の政策を採ると、香港は急速に発展しました。

1997年に中国に返還されてからも、中国は「特別行政区」として、香港のシステムを残しました。

中国のエリートたちは、自前のタックスヘイブンを望んでいる。

G20が2009年4月に、タックスヘイブンのリストを採択しようとした時、胡錦濤は香港とマカオをリストから外すために、バラク・オバマと激しくやり合った。

そして、その2つを補注に追いやる事に成功しました。

シティ・オブ・ロンドンは、香港との深い関わりを続けています。

イギリス最大の銀行であるHSBCは、中国を重視して、2010年3月にCEOをロンドンから香港に移しました。

だが香港はオフショアの規模では、2007年時点でケイマン諸島の12分の1です。

2007年に中国に対する投資額で1位と2位を占めたのは、香港とイギリス領ヴァージン諸島でした。

(2014.5.9.)


世界情勢の勉強 脱税(タックスヘイブン他) 目次に戻る