社会が民主的になると、支配階級はプロパガンダに頼るようになる

(『チョムスキー、世界を語る』から抜粋)

チョムスキー

   「世論の合意をつくり上げる」という言い方は、アメリカの代表的なジャーナリストだった
   ウォルター・リップマン(1889~1974)が言い始めた事です。

   彼は1920年代にすでに、「大衆を操作して世論の合意をつくり上げる、プロパガンダの
   テクニックがいかに重要であるか」を指摘しています。

   エドワード・バーネイズ(1891~1995)は、巨大な広告産業の生みの親の1人で、
   政治的プロパガンダのパイオニアであり、「PRの父」と呼ばれています。

   リップマンとバーネイズは、ウッドロー・ウィルソン大統領のプロパガンダを担当するスタッフ
   でした。

   1920年代になると、アメリカとイギリスでは、「世論の操作」が重要な問題となります。

   それは、この2国では産業が発達し、社会が自由になったからです。

   自由になればなるほど、それを規制するためにはエネルギーが必要になります。

   この2国でプロパガンダ(宣伝工作)産業が生まれたのは、偶然ではありません。

質問者  プロパガンダというと、ナチスのゲッベルスが有名です。
     その点を軽視している気がしますが。

チョムスキー

   全体主義の体制は、透明でかんたんに見通せます。

   そもそも全体主義は、高度な宣伝工作を必要としません。いざとなれば、いつでも直接的な力を
   行使できるからです。

   彼らの工作は、未熟なレベルです。

   第1次世界大戦中に、イギリスとアメリカは、プロパガンダを担当する大掛かりな機関を創設
   します。

   つまり、「英国情報省」と「ウッドロー・ウィルソンの広報委員会(クリール委員会)」です。

   イギリスのプロパガンダは、主としてアメリカの知識人向けで、アメリカを参戦させるための
   ものでした。

   この2つの機関は、元来はハト派で参戦に反対していたアメリカ人を、反ドイツにする事に
   成功したのです。

   (そしてアメリカは第1次大戦に参戦する)

   これは実業界にとっても瞠目する出来事で、広告産業の誕生につながりました。

   ドイツのヒトラーやロシアのボルシェビキは、英米のプロパガンダの成果に注目し、
   学ぼうとしたのです。

   次の点をはっきりさせておきましょう。

   『社会が民主的になり、人民の統制や強制的な措置をとる事ができなくなると、支配階級は
    プロパガンダに頼るようになる』のです。

   広告業や大企業のCMの狙いは、人心を操作する事にあります。

   企業の経営者たちは、実利主義のアプローチを取ります。

   人々に欲求を満たすことに夢中になるように仕向けるのです。

   考えてみれば、マスコミや広告は目新しいものではありません。

   新しいのは(現代の問題点は)、そうしたものが夥しく氾濫している事態なのです。

(2014.5.22.)

(『すばらしきアメリカ帝国』から抜粋)

質問者  あなたは著作で、「プロパガンダから身を守るためには、知的自己防衛の道を歩みなさい」
     と書いています。

     具体的に説明してもらえますか。

チョムスキー

   話題が何であれ、意見を寄せた者の100%が賛成しているのを目にしたら、ただちに疑問を
   持つべきです。

   100%確かな事など、何もないのです。

   従って、コメンテーターの全員が同じ見解を述べていたら、プロパガンダかどうかをじっくりと
   考えて下さい。

   デイヴィッド・ヒュームは、次のような正しい洞察をしています。

   「 力は、いつでも統治される側にある。

     よって政治の基礎は、世論のみである。

     そしてこの原則は、自由な社会から独裁的な軍事政権にまで及ぶ。 」

   どんな国家であれ、指導者は民意に依存しているのです。

   だからこそ支配したがる人々は、民衆が力を手にしている事を理解しないように、
   情報をコントロールしようとします。

(2014.7.10.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ 目次に戻る