アメリカにおけるプロパガンダの実例@
第一次世界大戦時のドイツに対するもの

(チョムスキー世界を語る、すばらしきアメリカ帝国から抜粋)

チョムスキー

    第1次世界大戦中に、イギリスとアメリカは、プロパガンダを担当する大掛かりな機関を創設
    します。

    つまり、「英国情報省」と「ウッドロー・ウィルソンの広報委員会(クリール委員会)」です。

    イギリスのプロパガンダは、主としてアメリカの知識人向けで、アメリカを参戦させるための
    ものでした。

    プロパガンダ作戦は、数ヶ月の間にアメリカ国民を、錯乱した反ドイツ主義者へと変貌させます。

    アメリカ人はヒステリーになり、ボストン交響楽団がバッハを演奏できなくなったほどです。

    この2つの機関は、元来はハト派で参戦に反対していたアメリカ人を、反ドイツにする事に
    成功したのです。

    (そしてアメリカは第1次大戦に参戦する)

    ジョージ・デューイ(アメリカの哲学者)らは、戦争への熱情が知識人によって生み出された
    事を、誇りに思っていました。

    「勝利なき平和」をスローガンに1916年の大統領選挙を制したウッドロー・ウィルソンは、
    数ヶ月のうちにアメリカを好戦的な国へと変貌させました。

    彼のプロパガンダ機関(クリール委員会)にいたエドワード・バーネイズとウォルター・
    リップマンは、著作の中で第一次大戦時の体験を明かしています。

    「このプロパガンダを通して、大衆の意識をコントロールできる事や、人の態度・意見を
     制御できる事を学んだ」と、彼らは言っています。

    リップマンは「合意を捏造できる」と書いたし、バーネイズは「知識層が合意形成の工作で
    大衆を導くのは、民主主義のプロセスの核心だ」と書いています。

    これは実業界にとっても瞠目する出来事で、広告産業の誕生につながりました。

    ドイツのヒトラーやロシアのボルシェビキは、英米のプロパガンダの成果に注目し、
    学ぼうとしたのです。

    ヒトラーの『わが闘争』を読めば、彼が「アメリカへのイギリスのプロパガンダ」に感銘を
    受けていた事が分かります。

    「第一次大戦の勝因は、プロパガンダにあった」という彼の主張は、合理性を欠いていない
    でしょう。

    「次はドイツも準備を整えておく」と、彼は誓いました。

    アメリカの学者ハロルド・ラスウェルは、1930年代にこう主張しました。

    「 判断を下す能力を備えているのは、一般人ではなくエリートである。

      一般人は、愚かで無知だ。

      我々エリートは、彼らの利益のためにも、彼らを無力化して支配すべきだ。

      それには、プロパガンダが最適な手段だ。

      プロパガンダは、善にも悪にも適用できる。

      高貴な我々は、それを良い目的に活用する。 」

    ラスウェルは、進歩主義リベラル派の知識人でした。

    ほぼ同様の思想が、レーニン主義にも見られます。

    今日では、プロパガンダで力を発揮しているのは、政府ではなく大企業です。

    レーガン政権(1980年代)になる頃には、人々は政府のプロパガンダを受け入れなくなって
    おり、レーガンの広報外交事務局に違法宣言が下されます。

    そのため、民間の独裁体制である大企業たちが、プロパガンダを請け負うようになりました。

    大企業たちは、政府の命令に従っているわけではありませんが、政府と緊密に連携しています。

(2014.7.4.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る