アメリカの誤った政策C
軍縮できるのにしてこなかった

(すばらしきアメリカ帝国 から抜粋)

チョムスキー

    1950年頃には、アメリカにとって脅威になる可能性のあるものが、1つだけありました。

    「核弾頭を搭載した大陸間弾道弾」です。

    これが完成すれば、アメリカ本土が壊滅する可能性さえあります。

    この新型兵器は、その時点では実現していませんでしたが、米ソは開発に着手していました。

    アメリカは、この兵器の開発を禁じる条約を提案できたし、ソ連が同意した可能性は十分に
    あります。

    公開されたソ連時代の記録から判明したのですが、『アメリカが軍拡競争にむりやり引っ張り
    込んで、ソ連の経済を破滅に導こうとしていること』を、ソ連は理解していました。

    ソ連の経済規模がアメリカに比べて非常に小さかった事を、忘れてはなりません。

    従って、条約を承諾する可能性はありました。

    ところがアメリカ政府は、条約の可能性に言及すらしませんでした。

    短期的な軍事利権の追求を選んだからです。

(2014.7.8.)


民主主義vs国家・多国籍企業・プロパガンダ の目次に戻る