野生動物の保護区が多く、大小21の国立公園がある

(『南アフリカを知るための62章』から抜粋)

南アは、野生動物の保護区が多いです。

大小21の国立公園があり、州が管轄する保護区や個人経営の観光用農場も多い。

最も有名なのは、「クルーガー国立公園」です。

総面積は196万ヘクタールで、年間の訪問者は139万人(2007年度)、3割が海外からの訪問者です。

動物鑑賞のベストシーズンは、6~9月の冬季です。

冬季は気温が低く、マラリアに罹る危険が少ない。

大地の草の丈も短くなるので、動物を見つけ易い。

クルーガー国立公園の前身であるサビ野生動物保護区が設立されたのは、1898年です。

白人達が野生動物を大量に狩猟して、動物たちが絶滅の危機に瀕したため、狩猟を禁じたのです。

ボーア人(オランダ系の人々)にとって野生動物は、「食糧」「革製品」「象牙などの交易品」になる資源でした。

それと同時に、ライオンなどは家畜や穀物を荒らす害獣でした。

ボーア人によって、19世紀後半までに、ほとんどの地域で野生動物は減少・絶滅してしまった。


世界情勢の勉強 南アフリカ 目次に戻る