黒人の状況④ アフリカからの移民が増えている

(アメリカ黒人の歴史 上杉忍著から抜粋)

1990年代からは、アフリカからの黒人の移民が増え始めました。

1990年代には黒人の移民は、カリブ海から90万人、アフリカから40万人でした。

ニューヨーク市では、黒人人口の3分の1は移民であり、その子供を含めると50%を超えています。

2007年には、アフリカからの移民が全国で140万人に達しました。

これらの移民たちは、従来の黒人団体には加わらず、ジャマイカ系、ナイジェリア系など、出身地ごとに団体を結成しています。

アフリカからの近年の移民は、概して学歴が高く、貧困層に押し込められる事は少ない。

また、難民に指定されれば政府の補助も出る。

ジャマイカなどのカリブ海からの移民も、自立性が高く、アメリカ南部の奴隷出身の貧しい黒人たちとは一線を画しています。

しかし彼らは、アメリカでは「黒人」として一括りにされ、差別されています。

大学教師や弁護士であっても黒人である限りは、警察の「レイシャル・プロファイリング(車を止められて、身体検査や車内の捜索をされること)」の対象になり、しばしば車を止められます。

(2014.4.28.)


世界情勢の勉強 アメリカ 目次に戻る