9.11事件後のアフガン侵攻は、全く正当性を欠いたものだった

(なぜアメリカはこんなに戦争をするのか から抜粋)

アメリカ軍による、アフガニスタンのタリバン政権への戦争は、明らかに国際法に違反しています。

9.11事件は、アフガニスタンが行ったものではありません。

タリバン政権は、テロとは関わっていませんでした。

テロの実行犯とされる者達は、アフガニスタン人はおらず、サウジアラビア人が中心です。

(オサマ・ビン・ラディンもサウジ人です)

アメリカは、テロの主犯をオサマ・ビン・ラディンだと言っていますが、その証拠はありません。

アメリカ政府は証拠はあると言っていますが、その証拠を開示していません。

オサマは、犯行声明を出していない。

アメリカがアフガニスタンに攻め込んだ理由は、「ビン・ラディンを引き渡さなかったから」
でした。

しかし、犯罪の容疑者を渡さない事が、戦争を仕掛ける理由になるでしょうか?

日本政府は、元大統領のフジモリをペルーに引き渡していませんが、それを理由にペルーは
日本を攻撃してもいいのでしょうか?

タリバン政権は、「ビン・ラディンがやったという証拠を見せないかぎり渡さない」と言いました。

これは、おかしい主張ではありません。

ところがアメリカは、その条件を認めず、証拠も見せない。

タリバン政権は、「それならば、イスラム教の中立的な第三国に引き渡してもよい。
アフガニスタン国内で裁判するのでもよい。」と言いました。

タリバン政権は色々な条件を出して、交渉をしようとしていました。

ところがアメリカは、「タリバン政権とは交渉はしない」と言い、「引き渡さなければ攻撃する」の一点張りです。

この経過を見ると、アメリカはとにかく戦争をしたかったのでしょう。

アメリカはこの戦争の目的を、「テロを地球上から根絶すること」と言明しました。

アメリカは、この戦争に負けるでしょう。勝つ見込みのない戦争なのです。

もし軍事力でテロを抑え込むことが可能ならば、イスラエルはとっくの昔にパレスチナに勝っていたはずです。

ところが、テロは減るどころか、ますますエスカレートしています。

アメリカは今、世界規模のイスラエルになろうとしています。

テロリストとの戦争は、きりがありません。

暴力で抑圧すれば、その暴力に反発して新たなテロリストが生まれるのです。

アメリカ政府の高官は、「この戦争は、私たちが死んだ後も続いているだろう」と発言しました。

彼らは、テロとの戦いが新たなテロを生んでいる事を自覚しています。

アメリカ人の一部は、大きな戦争を始める機会を、ずっと待っていたと思います。

9.11事件からアフガン攻撃までの間、ブッシュ大統領やチェイニー副大統領らは、
明らかに活き活きしていました。

それは、テレビを見ていれば分かります。

「テロとの戦争」の始まりによって、軍事費は大幅に増えて、軍需産業はボロ儲けです。

軍隊は人気者になり、CIAの活動は再び自由になりました。

ブッシュ大統領は一躍して英雄になり、有頂天になっている政治家や軍人がたくさんいます。

ブッシュは9.11事件の直後に、「十字軍」という言葉を使い始めた。

彼の意識には、「聖戦をやっている」という考え方があったようです。

日本政府もハイテンションになり、自衛隊の軍艦を派遣しようとしたが、
アメリカから「ちょっと待て、今はいらない」と言われて帰ってきました。

沖縄タイムスでは、これを「押しかけ支援」と呼んでいます。

小泉政権は、戦場で必要だからではなく、自分たちがやりたいために、軍艦を派遣しようとしたのです。

自民党政府が海外に自衛隊を派遣するチャンスを虎視眈々と狙っていた事が、ここから分かります。

日本政府は9.11の数年前から、「日米の新ガイドライン」を作ったりして、着々と準備を
進めていました。

2001年9月11日にテロ事件が起きると、ブッシュ大統領は翌12日に『テロとの戦争』を、布告しました。

これは、「今まではテロは犯罪として対応してきたが、これからは戦争として扱い、報復戦争で応じていく」という意味でした。

アメリカ政府の顧問であるワーレン・ラドマンは、こうコメントしました。

「テロに対する戦争には、ルールは必要ないと思う」

実際にアメリカは、国際法に次々と違反していきます。

「先制攻撃をする」「アフガニスタンなどの戦争をするつもりのない国に攻撃(侵略)する」

「戦場で捕まえた人を捕虜として扱わない」「遠隔操作の無人機を使って暗殺を行う」

 といった事を始めました。

ブッシュ大統領は、「先制攻撃も辞さない」と言っていますが、先制攻撃は国際法では
明確に戦争犯罪です。

アメリカは、イエメンにCIAの飛行機を派遣してテロ容疑者を殺す、なんて事も行いました。

(2014.6.10.)


世界情勢の勉強 アメリカ 目次に戻る