ブッシュ政権が脅しをかけたから、北朝鮮は核開発を進めた

(なぜアメリカはこんなに戦争をするのか から抜粋)

息子ブッシュ政権は、北朝鮮を「悪の枢軸」と呼び、「先制攻撃を仕掛けるかもしれないぞ」と脅迫しました。

それを受けて北朝鮮は、「核兵器を開発している」と発言します。

するとアメリカは態度を変え、「交渉による解決を求める」と発言しました。

この事実は、「アメリカに侵略されそうな国は、核兵器を持ったほうがいい」とのメッセージになってしまったでしょう。

韓国の太陽政策がかなり実りを見せ始めた頃に、ブッシュ大統領は突然に北朝鮮を「悪の枢軸リスト」に入れた。

そしてアメリカは、アフガニスタンに攻め込んだ後に、「次は北朝鮮だ」と発言した。

これらの事は、北朝鮮にとっては脅威だったはずです。

北朝鮮の選んだ対策は、核の抑止力でした。

実際にアメリカは、「交渉をする」と言って先制攻撃を控えました。

日本人の多くは、「北朝鮮の脅威に対しては、アメリカの軍事力で守ってもらわなくてはならない」と思っていますが、本当は逆です。

日本の安全を保障するには、アメリカの暴走に歯止めをかけて、アメリカの北朝鮮への脅迫をやめさせる事です。

(2014.6.10.)


世界情勢の勉強 アメリカ 目次に戻る