軍隊・軍事教育は、人間の心を荒廃させる

(なぜアメリカはこんなに戦争をするのか から抜粋)

アメリカの一般社会と比較すると、アメリカ軍人のドメスティック・バイオレンスや児童虐待は、統計的に多いです。

それは驚くことではありません。

暴力が軍隊の目的であり、軍人は暴力を振るう訓練を受けます。

その暴力の一部が、妻や子供にあたるのは当然でしょう。

沖縄でも、女性や子供がしばしば暴力の被害者になっています。

暴力事件が起きると、アメリカ軍は「教育と綱紀粛正」をするのだが、解決になっていません。

それは、不思議ではありません。

軍の教育と綱紀粛正の基本的な目的は、人を殺せる人間にする事です。

軍事教育は、暴力を使える人間を育てるのが第1の目的なのです。

女性蔑視や女性に対する暴力は、古代からの「軍隊の伝統」です。

人種差別も、軍隊文化の1つです。

「あいつは劣っている」と思えば、殺しやすくなるからです。

私がアメリカ海兵隊にいた1950年代には、「次の戦争は中国とだろう」と思われていたので、差別の対象は中国人(アジア人)でした。

湾岸戦争の時には、アラブ人に替わったようです。

アメリカ軍の中では、同性愛の人が多い。

男性ばかりの組織なので、同性愛が起こるのは当然です。

同性愛であるとはっきりすると除隊処分になるので、それを利用して将校らが、部下の女性にセックスを強制する事がよくあるという。

「僕と寝ないかぎり、君は同性愛ではないと信じないよ」という論理です。

(2014.6.10.)


世界情勢の勉強 アメリカ 目次に戻る