今のアメリカには報道の自由はない③
CIAの麻薬取引関与と、ゲイリー・ウェッブの告発

(BSドキュメンタリー「報道の自由と巨大メディア企業」から)

1980年代のアメリカでは、クラック(コカインの一種)の爆発的な流通が問題になっていました。

ロバート・パリー(元AP通信の記者)

「 クラックは、中毒者の生活を破壊し、ギャングの抗争まで引き起こしました。

  アフリカ系のアメリカ人は、特にダメージを受けていました。

  この問題について、ゲイリー・ウェッブは調査を始めたんです。 」

ゲイリー・ウェッブがまず注目したのは、麻薬取引をしているニカラグア人でした。

彼らの活動は、取り締まりをうけずに、勢いを増していたからです。

クラックの供給源を調べたウェッブは、10年前にアメリカが支援したニカラグア戦争に
たどり着きます。

ピーター・コーンブルー

「 ニカラグアの内戦では、左翼政権と反政府ゲリラのコントラが対立しました。

  レーガン大統領は、CIAに莫大な資金を与えて、コントラを援助しました。

  当時の政府は、アメリカで麻薬が蔓延している事よりも、中米の共産主義の勢力を
  倒す事を、はるかに重要だと判断したのです。 」

1年に及ぶ取材を経て書かれたウェッブの記事は、『CIAとコカイン取引(クラック取引)が関係していること』を明らかにしました。

(CIAは、コントラ支援という名目で、コカインをコントラから買い取り、アメリカに
 運んで売っていました。

 つまり、CIAが麻薬密売の黒幕だったのです。

 これは、『イラン・コントラ・ゲート』と呼ばれる大事件の、一側面に過ぎません。

 レーガン政権やCIAは、同時にイランに兵器の密売もしていました。)

スーザン・パテルノ

「 ウェッブの記事は、地方紙であるにも関わらず、全米の注目を集めました。

  さらに国際的にも注目されました。 」

ウェッブの入手した資料は、すべてネット上で公開されます。

1997年11月には、毎日100万人以上が、彼のサイトを見るようになっていました。

CIAに対して説明を求める市民の声が高まる中、大手の新聞社はウェッブを攻撃し始めます。

パリー 「 ウェッブのした事は、地方紙が大手紙に楯突いたと見なされたのです。 」

ワシントン・ポストは、こう書きました。

「 CIAとクラックの関係を裏付ける証拠はない。 ウェッブは馬鹿だ。

  (クラックに汚染されている黒人達が騒いでいるが)一部の黒人指導者たちは、
  陰謀説を信じやすい。 」

ニューヨーク・タイムズも、「CIAは証拠はないと言っている」と書きました。

ノーマン・ソロモン

「 大手メディアは、疑惑についてCIAに尋ねて、CIAが事実無根と否定したら
  それを真に受けて、言われたままに報道したのです。 」

チャールズ・ボウデン(作家)

「 ロサンゼルス・タイムズの大物と飲んだ時に、この件について訊ねたんです。

  彼は、『本社で話し合いがあってね。地方紙の記者にピュリッツァー賞を獲らせる
  わけにはいかない、という結論になったんだ。』と言いました。 」

大手メディアがウェッブを攻撃すると、市民は立ち上がりデモ行進をしました。

しかし、ウェッブは左遷させられました。

当時のウェッブのコメント

「 大手メディアに批判されて、会社は私を見放したんです。 」

カート・ウェッブ(ゲイリーの弟)

「 兄は、報じてはならないと皆が警告していた事を、記事にした。

  その途端、クズ扱いされるようになったんです。 」

しかし、1年後に事態は急変します。

CIAが、コントラの麻薬密輸に関与していた事を、認めたのです。

パリー 「 アメリカ政府が麻薬密輸を黙認していた事実が、明らかになりました。 」

この一件は、ウェッブの正しさを大手メディアが認めるチャンスでした。

しかし、彼らは態度を変えませんでした。

パリー 

「 ニューヨーク・タイムズは、過失を認めつつも、依然としてウェッブを間抜け扱い
  しました。

  ワシントン・ポストは、疑惑の否定を変えませんでした。

  ロサンゼルス・タイムズに至っては、いっさい報じていません。

  報道の正しさが証明されたのに、ウェッブは誤った記事を書いた変人として
  メディア業界で扱われ続けました。 」

カート・ウェッブ

「 新しい就職先を求めて面接に行っても、『あの記事を書いた記者だろう?』と
  言われて、断られてしまうんです。

  兄はもはや、ジャーナリストでは食べていけなくなりました。 」

パリー 「 すっかり落胆したウェッブは、ピストルで自殺してしまいました。 」

生前のウェッブの言葉

「 批判される覚悟は出来ています。

  この記事を書いて良かったし、自分を誇りに思います。 」

(2014.12.1.)


世界情勢の勉強 アメリカ 目次に戻る