今のアメリカには報道の自由はない④
イラク戦争時の虚偽情報に基づいた報道

(BSドキュメンタリー「報道の自由と巨大メディア企業」から)

クリス・ヘッジズ(元ニューヨーク・タイムズ)

  「 報道機関は、戦争が起きると愛国的な報道に偏り、その結果プロパガンダが広まる事に
    なります。 」

ジョナサン・ランディ

  「 9.11事件は、ブッシュ政権にとってはチャンスとなりました。

    イラク侵攻を正当化する道具にできたからです。 」

  息子ブッシュ政権は、アフガニスタンに攻め込んだ後、サダム・フセインと9.11事件を
  結びつけるべく動き出します。

ボブ・ベア(元CIA工作員)

  「 ブッシュ政権は、まずイラク戦争を行う事を決めてから、その理由づけをしていったんです。

    私はイラクの諜報活動に当たっていましたが、9.11事件と結びつく情報は全くありません
    でした。 」

  フセインが9.11事件に関与した証拠が見つからない中、1人の亡命イラク人がニュースに
  登場し始めます。

  アドナン・アルハディリ(アルハデルとも聞こえる)です。

プラタップ・チャタジー

  「 アルハディリは、『イラクが大量破壊兵器を所有している証拠がある』と主張しました。 」

ランディ
  「 彼は、『大統領宮殿の下に多くの施設が存在する。井戸に見せかけた核施設がある。』と
    言いました。

    アメリカ政府は、これを採用しました。 」

当時のチェイニー副大統領の会見から

  「 フセインは、核兵器開発を再開しています。

    亡命イラク人から得た証言です。 」

当時のラムズフェルド国防長官の会見から

  「 施設の場所は把握しています。 あちこちに存在しています。 」

   政府のプロパガンダは、1つのメディアを通じて拡がりました。

   ニューヨーク・タイムズです。

クリス・ヘッジズ(元ニューヨーク・タイムズ)

  「 私は当時、内部で目撃していました。

    政府の言う嘘を聞かされて、皆が信じ込んでいました。 」

    ブッシュ政権は、国際社会に向けてもプロパガンダを行います。

ジョン・マッカーサー(ハーパーズ・マガジン社長)

  「 国連安保理でパウエル国務長官が述べた、虚偽の発表が、武力行使を正当化する決定打に
    なりました。 」

パウエル国務長官

  「 我々は、生物兵器工場の詳細を、直接つかんでいます。 」

ヘッジズ

  「 パウエルの発表のほとんどは、アルハディリの情報に基づいたでっち上げでした。

    物証は何もありませんでした。

    にも関わらず、アメリカのメディアは『彼の報告は、戦争の正当性を裏付けるものだ』と
    書き立てました。 」

当時のFOXニュースから

  「 否定できない、動かしがたい、明白な証拠を、パウエルは提示しました。 」

  アメリカがイラクに侵攻した後に、『大量破壊兵器があるとされた場所には、何もない』と
  明らかになります。

ジョン・マッカーサー

  「 記者たちを非難するのは、的外れです。

    非難すべきは、メディアの所有者です。経営者が組織にいる人達の行動を決めるのですから。」

ジュリアン・アサンジ(ウィキリークスの創設者)

  「 『戦争は、主要メディアによって始まる』というのが、私の考えです。

    メディアは政府に接近しすぎており、メディアと軍や諜報機関が混じり合ってきています。 」

エイミー・グッドマン(独立系メディア「Democracy Now!」)

  「 巨大メディアは、売上を伸ばすためなら、戦争を推し進めるんです。

    彼らが提供する戦争の是非についての論争は、戦争賛成派ばかりで行われます。

    蚊帳の外に置かれた大半の国民は、戦争に反対しています。 」

(2014.12.1.)


世界情勢の勉強 アメリカ 目次に戻る