NSAなどについて③
グレン・グリーンウォルドさんの話
(スノーデンが私に託したファイル・後半)

(Democracy Now!の動画から抜粋)

質問者  エドワード・スノーデン氏について、過去に遡って話して下さい。

グレン  香港で長い時間をかけて、彼から話を聞きました。

     一体どんな心の動きが、自己犠牲の伴う告発に進ませたのか。
     そこに興味があったからです。

     驚くことに、彼が育ったのは連邦政府職員の家庭でした。

     父親は沿岸警備隊に30年勤めており、普通の下層中流階級です。

     スノーデンは、高校も卒業していません。

     ノースカロライナ生まれで、バージニアで育ちました。

     伝統的な愛国心が染み付いており、高校中退後にはアメリカ軍に入隊しています。

     「イラクで戦うのは崇高な行為だ」と思ったからです。

     彼は、イラクを解放するという、アメリカ政府のプロパガンダを真に受けていたのです。

     でも訓練所では、アラブ人を殺す話ばかりだった。

質問者  軍事訓練で骨折したとの事ですね?

グレン  両足を骨折したために、イラクには行きませんでした。

     イラクで戦おうとしたのも、NSAの告発に踏み切ったのも、根っこにある世界観は同じです。

     抑圧された人々を助けようとする正義感なのです。

     彼の告発は世界を変え、私も考え方が決定的に変わりました。

質問者  アメリカ軍に入隊した彼は、どのようにしてNSAの契約職員となり、最後にはブーズアレン・
     ハミルトン社に雇われる事になったのですか?

グレン  NSAが築いた諜報網で使える人材は、ネットに関して高度な知識を持つ者だけです。

     NSAが雇う人々は、ハッカーが似つかわしい。

     スノーデンは、高校を中退して社会への適応が遅れていた。

     でも、暗号化やプログラミングの腕で成功したのです。

     ハッキングの才能はすぐに認められ、急速に昇進した。

     でもネット文化で育った人々は、権威を嫌う傾向がある。

     採用後に改心させるよう教育するが、うまく行くとは限らない。

     だから、若い内部告発者が相次ぐのです。

     彼の最初の仕事は、NSAの警備員でした。

     メリーランド大学の中にあるNSA支局で働き始め、どんどん出世していった。

質問者  待って下さい。

     大学の中にNSAの建物があるのですか?

グレン  ええ。
     メリーランド大学の敷地内に、事務所と見まがう秘密施設があります。

     そこでは、大学職員が協力しています。

     見に行ったところ、建物は警備されていました。

質問者  スノーデンも警備員だったのですね?

グレン  制服を着てバッジも付けていました。

質問者  デル社に移ったのは?

グレン  彼は昇進していき、人物保証もあったので、ジュネーブで3年間CIAに雇われました。

     でも幻滅して、NSAに移った。

     アメリカの安全保障は民間への外注が進んだので、NSAで働くといえば普通は
     ブーズアレンやデルなどの請負企業に雇われます。

     彼はデル社に雇われて、CIAの仕事をしました。

質問者  民間企業のデルに雇われて、CIAのために働くのですか?

グレン  戦争と同じですよ。

     イラクやアフガニスタンで戦ったり、イエメンでの無人機による空爆に参加したい場合、
     手軽かつ稼げるのはブラックウォーター社のような「軍事請負会社」に雇われることです。

     ここが肝です。

     アメリカ政府と軍の機能は、大半が民間企業の手に渡っています。

     NSAの年間予算750億ドルのうち、75%もが直接に民間企業に流れます。

     もはや境界はありません。

     法律で定められたルールは、実際には民間企業では適用されません。

     だからデルに雇われたスノーデンは、NSAの巨大システムに入り込めるのです。

     政府の領域を、民間企業が所有して運用しています。

質問者  スノーデン氏がデルを退社してブーズアレンに移ったのは、なぜですか?

グレン  彼が内部告発を決意したのは、デル社に居た時です。

     オバマが大統領になって政策の転換が行われると期待したのに、オバマが盗聴を継続して
     むしろ拡大するのを見た。

     そして、『リーダーシップとは、自分が手本を示すことだ』と悟った。

     彼は告発の決意を固め、「どんな資料が必要か」を考えた。

     一部の資料を入手するためには、ブーズアレン社で特別の仕事に就く必要があった。

     その資料のあるハワイの施設で働けるからです。

質問者  デルでCIAの仕事をしていた時に、気付いた事があるそうですね?

グレン  彼の転機の1つは、日本でNSAの仕事をしていた時です。

     デルに転職する直前の事です。

     無人機ドローンによるリアルタイムの監視映像を見る事ができ、パキスタンの村の全体を
     見ることができた。

     点のような人々が動くのが見え、その身元や通話相手の情報も入る。

     無人機のおかげで、世界各地の膨大な情報が入ります。

     (その結果ドローンを扱うCIAの監視能力は凄くなり)NSAにいた彼でさえ知らない
     ほどの、監視の広がりだった。

質問者  監視していたのは、これから無人機で攻撃する村ですか?

グレン  この場合は、監視用の無人機であり、爆撃用ではありません。

     誰を殺すかを決めるために、村を監視している。

     (アメリカ政府・CIAはパキスタン等で、「テロリストを探して抹殺するためだ」と云って、
      無人機で人々を監視しています。

      そしてテロリストと思った人物は、無人機で空爆し暗殺しています。

      テロリストではない民間人も、大量に巻き込まれて殺されています。)

     このような事が行われているのに、民主的な議論もなく、国民に周知されない。

     彼は、それに危機感を持ちました。

質問者  人々が文字を入力するのまで、監視しているそうですね。

グレン  NSAは、「マルウェア」と呼ぶ侵入目的のウィルスを、あの手この手でPCに
     感染させます。

     メールを送ってクリックさせたり、銀行からの緊急連絡や納税通知に見せかけてファイルを
     開かせ、ウィルスに感染させる。

     感染すると、すべての入力が丸見えになります。

     「PC5万台に感染させた」と、NSAの文書が記しています。

     スノーデンは、PC乗っ取りの成果を見ました。

     PCユーザーのすべての入力すべての検索、メールやチャットの内容も、NSAの分析官に
     読まれている。

     彼は、これに動揺しました。

質問者  スノーデン氏は、自分が盗み見た情報について語っています。

     それを紹介しましょう。

スノーデン

     分析官であれば、どこの誰を標的にしてもいい。

     分析官の権限で範囲は決まりますが、私には誰でも盗聴する権限があった。

     連邦裁判官や大統領のメールでも読めました。

質問者  「大統領でも盗聴できる」と、彼は言いました。

     オバマ大統領は、当初これを全面否定しました。

グレン  その通りです。

     アメリカ政府は、故意に国民を欺きました。

     この時点では、我々がどんな証拠を握ったかを知らず、シラを切れると思っていたのです。

     その後、我々が次々と資料を公開し、スノーデンの言っている事の正しさを証明しました。

     NSAは、メールもチャットも検索も閲覧も収集しています。

     NSAの分析官は、これを簡単に利用できます。

     監視対象のメルアドを入力し、メニューから「正当な理由」を選択します。

     「スパイ容疑」と打ち込めば、データベースからこの人物の全メールが届きます。

     認可を与える監督官はいないし、事後の監査もほとんどない。

質問者  スノーデン氏はデル社やブーズアレン社で働いていましたが、国防情報局では他の職員に
     教育をしていましたよね?

グレン  そこが面白い所です。

     アメリカのマスコミは、「スノーデンは下級のIT技師で、偶然に資料を見つけた」と、
     こぞって報じました。

     しかし事実は真逆で、彼は『高度に訓練されたサイバー諜報員』です。

     サイバー攻撃、サイバー防御、他国のシステムに侵入する事について、最高の能力を持って
     います。

     そのため、他の職員に教えていたのです。

質問者  政府の諜報部員に教えていた?

グレン  そうです。 優秀な技術者でした。

     彼にスパイをさせていたのに、スパイ容疑をかけるとは、皮肉な展開ですね。

     彼を訓練したのはNSAなのに、自分がやられた。

     アメリカ政府は、彼が名乗り出るまでマークしていなかったが、その後はただちに彼の能力や
     訓練内容を把握しました。

質問者  しかし、彼の内部告発から数週間後に、オバマ大統領はテレビでこう話しています。

オバマ大統領

     断言できるのは、あなたがアメリカ国民なら、NSAはあなたを盗聴できません。

     自国民は、決して盗聴していません。 法律でも規則でも認められていません。

     それをするには、NSAではなく、(国内を担当する)FBIが裁判所に行って、
     令状を取る必要がある。

     裁判官に十分な理由を説明する必要がある。

グレン  この発言は、真っ赤な嘘です。

     ブッシュ政権が令状なしにアメリカ国民を盗聴していたのが2005年に明らかになり、
     スキャンダルとなります。

     それを受けて、アメリカ議会は超党派で2008年に『FISA修正法』を制定した。

     当時のオバマ議員も支持しました。

     この法律は、ブッシュ政権の盗聴の合法化が目的でした。

     以来ずっと、令状なしにNSAは盗聴をしてきました。

     周知のように、FISA裁判所はお飾りの存在です。

     1970年代にチャーチ委員会が監視の乱用を暴いた時に、この裁判所ができた。

     これは、政府側だけが出廷できる秘密裁判であり、令状許可の自動製造機です。

     政府の申請を却下するなど、あり得ません。


世界情勢の勉強 アメリカ 目次に戻る