ヒスパニック系の人口が急拡大しており、
2042年には非ヒスパニックの白人は総人口の半数以下になる

(アメリカの歴史を知るための62章から抜粋)

アメリカ合衆国が発足した翌年の1790年は、総人口は393万人で、81%は白人で19%が黒人でした。

その後、1860年までに、ドイツ系やアイルランド系の移民が500万人も到来します。

1860年には、白人が86%、黒人は14%になりました。

1880年~1921年には、2630万人の移民がヨーロッパから到来して、
1920年には白人が90%、黒人は10%になります。

移民の大流入に危機感を持ったWASP(ホワイト・アングロサクソン・プロテスタントの人々)は、移民の制限、反カトリック、反ユダヤ、反共などを支持しました。

1965年に『移民国籍法』ができて、それまでの国別の移民割り当て制が廃止されて、
どこの国からでも移民ができるようになりました。

その結果、ヒスパニック系(スペイン語を母語とする、メキシコや中南米出身の人々)と
アジア系の人口が、急増していきます。

ヒスパニック系は、1980年に初めて調査が行われて、1460万人と分かりました。

その後、90年には2235万人、00年には3531万人になります。

さらに、アジア系や黒人も増えていきました。

この結果、非ヒスパニック系の白人は、現在では総人口の69%にまで下がっています。

2042年には、非ヒスパニック系の白人は、50%を切ると予測されています。

こうした民族の多様化に伴って、1980年代から多文化の尊重が広がってきました。

92年のロサンゼルス暴動の後は、一層の広がりを見せて、学校教育には異文化を学ぶ授業が組み込まれるようになっています。


世界情勢の勉強 アメリカ 目次に戻る