アメリカのユダヤ人について 強い影響力を持っている

(世界の紛争 イスラム・アメリカ対立の構図 から抜粋)

金融の中心地であるウォール街。

そこで非常に大きな影響力を持っているのは、ユダヤ系の人々です。

ジョージ・ソロスはその代表だ。

アメリカ政界では、クリントン政権では史上初めて、4人ものユダヤ人が閣僚に名を連ねた。

アメリカでは、ユダヤ系は600万人と少ないが、枢要な地位に入っている。

特にニューヨークでは、ユダヤ系の人々の影響力が強い。

600万人のうち、95%は都市に居住しています。

そのうち172万人がニューヨーク、50万人がロサンゼルスに住んでいる。

ニューヨーク・タイムズは、ユダヤ人が所有しており、読者の3分の1はユダヤ人であるとの調査もある。

2000年の大統領選挙では、アル・ゴア候補は初めて副大統領候補にユダヤ人(ジョセフ・リーバーマン上院議員)を選んだ。

イスラエル建国を支援したトルーマン大統領は、1948年11月の大統領選で予想を覆して当選しました。

この時に選挙資金を集めたのが、ユダヤ人の銀行家フェインバーグで、その財力が当選に大きく貢献した。

アメリカにはイスラム教徒は600万人いるが、政治献金額はユダヤ人の250分の1に過ぎない。

その結果、連邦議会には未だにイスラム教徒は1人も選ばれていない。

実は、父ブッシュ大統領は、「史上最もイスラエルに冷たい大統領」と呼ばれた事があります。

1990年に、エルサレムでパレスチナ人の群衆とイスラエル警察隊が衝突して、パレスチナ人22人が死亡する事件があった。

この時、父ブッシュ政権は国連安保理で「イスラエル非難の決議」を起草して、採択させた。

これによって、ユダヤ票は民主党に流れ込み、父ブッシュが92年の大統領選で敗れる一因となった。

(ブッシュ家は、サウジアラビアなどの石油大国のイスラム教の国とも仲が良いです。
 そのため、この決議を行ったのでしょう。)

(2015年1月26日に作成)


世界情勢の勉強 アメリカ 目次に戻る