ドルが基軸通貨になっている事が、アメリカが強い理由の1つ

(タックスヘイブンの闇から抜粋)

今日、アメリカ・ドルは、世界で最も重要な準備通貨です。

アメリカは、ドルを増刷することで、実物資源を手にできます。

「ドルの増刷で対外債務を返済できる」という事が、アメリカの国際収支の赤字について改革が行われない主因です。

これが、ベトナム戦争などの数々の戦費や、国内の減税政策に役立ってきました。

いつの日かツケを払わなければならない日が来たら、アメリカは負担の多くを他国に押し付けられます。

(米ドルや米国債を各国が持っているためです)

現在は、世界の外貨準備高の3分の2がドルで保有されています。

ドルを印刷する権利を持つ者は、成功を保証されているのです。

ユーロダラー市場は、「預金をドルで持っておこう」と思わせる良い方法でした。

ユーロダラーは、ドルの強化(アメリカの覇権)に貢献しています。

(2014.3.14.)


世界情勢の勉強 アメリカ 目次に戻る