極度のエネルギー不足 首都の平壌でも毎日のように停電が起きる

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

人工衛星で撮影した東アジアの夜は、北朝鮮だけが真っ暗です。

北朝鮮の発電能力は、700万kw時と言われていますが、実際は250万kw時ほどです。

首都の平壌でさえ、毎日のように停電が起きていて、電気の使用が制限されています。

電力は軍に優先して回されるため、普通の工場が稼動できません。

北朝鮮では、石油が取れず、全量を輸入しています。

年間の輸入量は70万トンほどで、アジアでは最も少ない。

中国は毎年50万トンを売っていて、パイプラインで送っています。

中朝関係が悪化すると、装置の故障を理由に、送油が止められます。


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る