北朝鮮は石油が無いので、戦争は出来ない

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

日本ではよく、「朝鮮半島の有事」という言葉が使われます。

でも、「有事」はあり得ません。

なぜなら、『戦争の継続能力がない』からです。

北朝鮮は、軍事挑発はしても、戦争は行えないのです。

北朝鮮には、100万人の軍隊と20万人の特殊部隊がいるといいます。

しかし、戦争に必要な「石油」が無いのです。

北朝鮮では、石油が取れず、全量を輸入しています。

年間の輸入量は70万トンほどで、アジアでは最も少ない。

中国は毎年50万トンを売っていて、パイプラインで送っています。

中朝関係が悪化すると、装置の故障を理由に、送油が止められます。


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る