体制を支えているのは軍だ 軍が崩壊すれば、体制は崩壊する
軍人は監視されている

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

北朝鮮の体制を支えているのは、軍です。

軍が崩壊しない限り、体制の崩壊は難しい。

軍は、石油の供給が無くなると崩壊します。

中国は、それをよく知っています。

中国は石油を、年間50万トン供給しています。

中国は、北朝鮮を支えています。

中国は、「北朝鮮が崩壊して、韓国に統一されると、在韓米軍基地が中国国境に移動する」と考えているのです。

軍の分裂があれば、体制は崩壊するでしょう。

北朝鮮とよく似た体制だったチャウシェスク時代のルーマニアは、軍が分裂したために崩壊しました。

北朝鮮では、これまでに少なくとも5回のクーデター計画があったとされます。

最も有名なのは、1992年4月の計画です。
これは未遂に終わり、1年後にバレてしまい40人の将軍が処刑されました。

北朝鮮で革命を起こすのは、簡単ではありません。

秘密警察や憲兵が、目を光らせています。

さらに、しょっちゅう集会が開かれて、密告を強要されます。

軍人は、「野戦軍人」と「政治軍人」に分かれます。

「野戦軍人」は、普通の軍人です。

「政治軍人」は、野戦軍人を監視するための軍人です。

政治軍人の方が出世すると言われていて、「総政治局」に所属しています。

総政治局は、軍の幹部を監視しており、自宅を盗聴しています。

総政治局は、「思想教育」も行っています。

主体思想と先軍思想を教え、定期的に集会を開いて思想の点検をしています。

「北朝鮮が崩壊すると、何十万人もの難民が日本に来る」という意見があります。

しかし北朝鮮の人々は、「日本は朝鮮人をいじめる人達だ」と考えています。
だから、日本に逃げてくる可能性は低いです。

韓国に脱出した「脱北者」たちは、北朝鮮の体制転換を目指す団体を組織しています。

こうした団体が、北朝鮮の連絡者に携帯電話を渡して、連絡を取り合っています。

これにより、北朝鮮の情報はかつてと比べ物にならないほど、明らかになっています。

軍の実力者は、呉克烈だと言われてきました。

しかし最近は、克烈の力は落ちてきているといいます。

軍の実力者は、「国防委員会」のメンバー達で、呉克烈、金永春、金正覚、李英浩などです。


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る