核開発を放棄したら、ただの最貧国になる
指導部は、改革解放をすると体制が崩壊すると考えている

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

北朝鮮は、核開発を放棄したら、ただの「最貧国」になります。

北朝鮮の指導部は、「核開発を放棄したら、アメリカや韓国は相手をしてくれなくなる」と心配しています。

また、「イラクやリビアがアメリカなどから攻撃されたのは、核開発をしなかったからだ」と判断しています。

北朝鮮は、なぜ改革・解放が出来ないのでしょうか。

金正男は2011年のインタビューで、こう答えています。

「指導部は、改革・解放をすれば体制が崩壊すると考えている」

なぜ改革・解放をすると、体制が崩壊するのでしょうか。

それは、改革・解放をするには、「金日成と金正日の時代に行った政策は、間違っていた」と認めなければならないからです。

北朝鮮の指導部は、金日成と金正日について、「世にも稀な天才的な指導者」と説明してきました。
「絶対に間違わないリーダー」と説明してきたのです。

そのため、もし2人は間違っていたと認めると、体制は持たなくなるのです。

○村本尚立のコメント

「体制の維持よりも、国全体の繁栄の方が大事だ」と、指導部が思えるかどうかが重要なのですね。

「国民が餓死するような体制を続けていくよりも、新しい体制で開国した方がいい」と、
よく考えれば理解できると思うのですけど。


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る