国土の特徴

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

北朝鮮の人口は、2400万人で、韓国の半分ほどです。

首都である平壌の人口は、325万人です。

平壌以外には、開城市(人口30万人)などがあります。

国土の面積は、1.2万平方kmで、北海道と九州を合わせたくらいです。

山岳地帯が多く、寒冷地が多いため、農業には向いていません。

東部や北部は、ほとんどが山岳地帯です。

耕作面積は、全国土の20%ほどです。
このため、食糧の自給が難しい。

大きな河川は、中国との国境となっている鴨緑江や、ロシアとの国境となっている豆満江などがあります。

最高峰の山は、2744mの「白頭山」です。

白頭山の山頂には、「天池」と呼ばれる湖があります。

白頭山は中国との国境にあり、領有を巡ってもめていました。
天池の中央に国境線を引くことで、決着しました。

ちなみに、中国では白頭山を「長白山」と呼びます。

白頭山は霊山とされていて、多くの神話を生んでいます。

金日成は、日本の植民地時代には、白頭山を中心に抗日の闘争をしていたとされています。

北朝鮮では、金正日はこのゲリラ戦の最中に、白頭山で生まれたと教えている。

韓国は、「金正日は旧ソ連で生まれた」と反論しています。

白頭山は、漢方薬の宝庫でもあり、ここで採れる朝鮮人参は高級品です。

南東部にあり、日本海に面して存在するのが、「金剛山」です。

ここは昔から、朝鮮半島で一番の絶景として有名です。

北朝鮮は、石油はありませんが、鉱物資源は豊富です。

ウラン、鉄鉱石、石炭、金などがあります。

ウランを自前で調達できるために、核開発に乗り出しました。


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る