1970年までは韓国よりも経済力があった
軍事拡大で失速した

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

日本は、植民地支配をしていた時代に、産業施設を朝鮮半島の北部に集中させました。

朝鮮が南北に分かれると、北朝鮮はこの産業施設を有効に活用して、復興を果たします。

1970年までは、経済的には北朝鮮が韓国を圧倒していました。

当時は、ソ連からの援助もたくさんありました。

ところが、1960年代に「四大軍事路線」を掲げて、軍事拡大と思想優先を進めると、産業の発展が止まりました。

その一方で韓国は、朴正煕が経済優先の政策を採りました。

そして、「漢江の奇跡」と呼ばれるほどの産業の発展を実現します。

「軍事」か「経済」かの、国家戦略の違いが、両者の明暗を分けたのです。


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る