国家の基本思想となっている「主体思想(チュチェ思想)」とは

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

北朝鮮の国家としての基本思想は、『主体思想(チュチェ思想)』です。

これは、「外国に依存しないで、独自にやっていこう」という考え方です。

朝鮮半島は、かつては中国に介入されて、主体性を奪われていました。

そのために、朝鮮・韓国の人々は、「主体」の言葉に熱い感情を沸き立たせるのです。

以前の韓国では、主体思想に多くの若者が魅了されました。

彼らは、アメリカ・中国・日本に依存せず、独立する事を目指しました。

北朝鮮の主体思想では、自由と人権は尊重されていません。

独立した当初は、中国やソ連に隷属しないために、必要な思想でした。

しかし途中からは、「個人独裁制の維持のための道具」に変質してしまいます。

現在の北朝鮮の主体思想は、「指導者の命令に疑問を持たない」という、盲従の内容です。


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る