日本人を拉致した理由

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

北朝鮮による日本人の拉致は、1970年代後半に集中しています。

75年に南北ベトナムが統一したのを見た北朝鮮の指導部は、朝鮮の統一を本気で考えました。

北朝鮮は、韓国で革命を起こして、南北を統一しようとします。
そして、工作員の養成を目指しました。

日本語の流暢な工作員を養成するために、日本語を教える人が必要になりました。

さらに日本のパスポートを入手する事も考え、日本人を拉致しました。

1985年6月に、韓国政府は「北朝鮮の工作員が、原さんを拉致した」と発表します。

しかし、日本政府は関心を示しませんでした。

旧社会党、北朝鮮に近い自民党の議員、朝鮮総連、雑誌・世界は、「拉致はない」と主張しました。


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る