日朝首脳会談の真実⑥
交渉を担当した田中均さんは、交渉の記録を残さなかった

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

日朝首脳会談については、交渉の記録が残されていません。

交渉にあたった外務省の田中均アジア局長が、記録を残さなかったのです。

外交関係者は、この事に激しい怒りを表明しています。

北朝鮮側は、「国交正常化の時期」「経済支援金の金額」などの多くの約束文書を交わしたと
明らかにしています。

しかし田中は、それを否定しています。

拉致被害者の帰国については、北朝鮮側は「1週間から10日の里帰り」で合意したと主張しています。

田中は、それも否定しました。

当時の小泉政権は、失速しており政権を失う可能性があった。

このため、「2003年1月1日からの国交正常化」と「1兆円強の経済支援金を出すこと」にOKを出したのでしょう。


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る