安保理の北朝鮮への制裁

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

安保理は、2006年に北朝鮮が弾道ミサイル発射と核実験をしたために、制裁を決議します。

この決議では、「核実験とミサイル発射の中止」と「NPTへの復帰」を求めました。

(NPTについては核兵器拡散防止条約(NPT)と、核軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)を見て下さい)

そして、次の経済制裁を決めました。

① 船舶への臨検の実施   ② 奢侈品(ぜいたく品)の禁輸   ③大型兵器の禁輸

しかし、実施は加盟国の自主性に任せられ、強制力はありませんでした。

09年に北朝鮮は再び核実験を行い、安保理は追加の制裁を決議します。

そして、「北朝鮮への武器輸出の全面禁止」「金融制裁」「海上での貨物の検査」が決まりました。

この金融制裁では、北朝鮮への外貨送金が世界的にストップしました。

中国は、いつも制裁に反対しますが、拒否権は発動しません。

北朝鮮への配慮から制裁には反対しますが、拒否権を使って国際的に孤立する事はしません。


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る