偽ドル・偽タバコの輸出
マカオの銀行を使って、マネー・ロンダリングをしていた

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

アメリカで2005年に、おとり捜査でマフィア一家が捕まります。

そして北朝鮮製の、500万ドルの偽ドルと、5000万ドルの偽タバコが押収されました。

アメリカ政府は、北朝鮮は違法ビジネスで5億ドルの年収を得ていると発表しています。

北朝鮮の国家予算は5000万ドルなので、10倍の年収を違法ビジネスで得ている事になります。

このおとり捜査の結果、資金ルートが明らかになりました。

多くの代金は、マカオのバンコデルタ・アジア銀行にある、北朝鮮の口座に送金されていました。

この銀行は、マネー・ロンダリングを行い、莫大な手数料を得ていました。

アメリカ政府は、同銀行への金融制裁を実施しました。

(マカオのマネー・ロンダリングについては、マカオ自治区 返還後もカジノは拡大し、ラスベガスを抜いて世界一になっているを見るといいです)


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る