金正日の後継者争い
高英姫・李済剛の勢力と、金敬姫・張成沢の勢力が争う 後者が勝つ

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

北朝鮮の国民は、金正日の妻や子供については、全く知らされていませんでした。

金正日の後継者をめぐっては、激しい勢力争いが起きました。

勢力の1つは、正日の妹である敬姫と、その夫である張成沢の勢力です。

もう1つは、党の実力者である李済剛の勢力です。

正日の妻・高英姫は、実子の正哲を後継者にしようとして、李済剛と手を結びます。

結局は、高英姫は2004年に他界し、済剛も10年6月に自動車事故で他界しました。

済剛については、韓国も日本も長い間、重要人物だと知りませんでした。
済剛は、90年代の終わりから「恐怖の実力者」として有名になりました。

平壌では2000年頃から、人々が夜中に突然に連行されて、そのまま姿を消す事件が続きました。

済剛と高英姫は、反対勢力になりそうな人物を、次々と排除していったと言います。
03年には、張成沢を失脚させて、彼の勢力2000人を追放しました。

しかし04年に英姫が急死すると、06年に成沢は復活します。
その後は、済剛と成沢の争いが展開されます。

済剛は、英姫の息子で3男の「金正恩」を推しました。

成沢は、自分たちが養育した「張賢」を推しました。


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る