金正恩について 張賢という人物がすり替わったとの説がある

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

金正恩については、2010年9月28日の北朝鮮の報道までは、公的には存在すら明らかにされていませんでした。

正恩の顔は、金日成にそっくりで、多くの人に驚きを与えました。
なぜなら、「三男は、金日成に似ていない」とされていたからです。

プリンセス天功さんは、「この人物は、三男(正恩)ではない」と言います。

在日で三男と会った事のある人達も、「三男に似ていない」と指摘しています。

実は金日成は、1971年にお抱え看護婦に産ませた、最後の息子がいるのです。

金日成は、妻にばれるのを恐れて、娘の敬姫とその夫・張成沢の夫妻に頼んで、養子にさせたのです。

この子は、『張賢』という名で育てられました。

天功さんによると、この張賢が「金正恩」として登場した事になります。

○村本尚立のコメント

あまりにも奇想天外な話なので、信憑性は低い気がするのですが、面白い話ではあります。

北朝鮮は情報が極端に限られているので、このような話でも「もしかしたら、あり得るかも」と感じさせてしまうんですよ。

(2013.8.20.作成)


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る