金正男について

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

金正男は、2001年5月1日に日本に来て、成田空港で拘束されます。

彼は、ドミニカ共和国の偽パスポートを使用したために、拘束されました。

彼は、背中に大きな龍の入れ墨があり、東京赤坂の2軒のコリアン・クラブに、馴染みの女性がいました。

金正男は、南北首脳会談のための秘密交渉を、東京で行いました。

会談実現の謝礼を受け取るために来日して、拘束されたそうです。

当時は、日本では彼が金正日の後を継ぐと考えていました。

彼は2011年1月のインタビューで、「父から後継者と言われた事は、一度もない」と述べました。

彼の実母の成恵琳は、1995年に亡命未遂事件を起こしており、その影響もあると思われます。

(2013.8.20.作成)


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る