党の権力構造
党員になるには出身が重要

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

北朝鮮は社会主義国で、党が指導する体制です。

かつては、朝鮮労働党が全ての権限を握っていました。

ところが、党大会は1980年以降は開かれておらず、党の政治局の会議も2011年まで
30年間も開かれませんでした。

その一方で、政府機関の「国防委員会」が権限を拡大しました。

(現在は、軍が最大の権力を持っているらしいです)

党中央委の秘書局(書記局)は、党の実際の権限機関です。

書記は、2011年時点では11人。

金正日、金己南、崔泰福、崔龍海、洪錫享、金養健、金永日、文京徳、朴道春、太鐘守、金平海の11人です。

党の部局の中で、最も重要なのは「党組織の指導部」です。

ここの部長は、金正日が兼任していると言われていました。

副部長は22人おり、各部局を担当しています。
党組織の指導部の第1副部長は、絶大な権限を持っています。

党の最大の工作機関は、「統一戦線部」です。

北朝鮮の支配層になるには、まず党員になる必要があります。

党員は300万人と言われ、なるには出身が重要です。

先祖や家族が、日本の植民地時代に地主や役人だった者は、党員になれません。

他にも、資本家やキリスト教徒、韓国に親族がいる者も、なれません。

(2013.8.20.)


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る