金敬姫(金正日の妹)と張成沢 張成沢は現在の最高実力者らしい

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

金敬姫は、金正日の実妹で、正日とアポなしで会えた唯一の人物です。

彼女は、長年フランスのパリで暮らしていました。
アルコール依存症とガンの治療のためといいます。

張成沢は、金敬姫の夫で、現在は最高実力者と言われています。

成沢は、大学時代に敬姫に見初められて、駆け落ちまでして結婚を金日成に認めさせたといいます。

しかし結婚後は、成沢の浮気が絶えず、別居状態になります。
それでも、正日は成沢を側近にしていました。

ところが、04年に「分派活動」を問われて、成沢は失脚します。
これは、実力者の李済剛による策略でした。

06年に奇跡的な復活をすると、金正恩(張賢?)の最大の後ろ盾になり、実力者となりました。

10年には、国防委員会の副委員長になっています。
重病の正日の代行という形で、政権を掌握したと見られました。

(正日は国防委員会の委員長だったが、この頃には重病で公務ができない状態になっていた)

(2013.8.20.作成)


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る