金永南  呉克烈  金永春

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

金永南は、最高人民会議の常任委員長なので、形式上の国家元首です。

1928年の生まれなので、かなりの高齢です。

彼が1つの勢力を有しているのは、間違いないです。
アメリカの情報機関との関係を指摘する人もいます。

呉克烈は、工作機関のトップを長年していました。1931年生まれです。

国防委員会の副委員長で、金正日の側近でした。

克烈の息子は、2004年11月にアメリカに亡命しました。
しかし克烈は失脚せず、「克烈には息子はいない」として処理されます。

ところが、この息子は後に帰国して、正日に謝罪して赦されたそうです。

金永春は、国防委員会の副委員長です。1932年生まれです。

彼は強硬派とされていて、中国との関係が深いとされます。

(2013.8.20.)


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る