朝鮮人民軍 人民武力省(国防省) 人民軍の総政治局

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

朝鮮人民軍は、1932年4月25日に創設されたとされています。

この日は、金日成によって「抗日義勇軍」が設立された日ともされています。

朝鮮人民軍の総兵員は110万人とされ、兵役の年限は10年です。

陸海空の3軍の他に、工作機関として偵察総局やミサイル指導部があります。

2011年の国防予算は、公式発表では7.5億円です。

予算が少ないので、兵器輸出や違法ビジネスで稼いでいました。
しかし最近は、経済封鎖を受けて、収入が激減しています。

人民武力省は、国防省のことで、これは国防委員会の直轄になっています。

人民武力相はお飾りの存在で、軍の実権は握っていません。

人民軍の実権は、総参謀長、総政治局長、偵察総局長、などが握っているといいます。

人民軍の総政治局は、人民軍の中でも最も恐れられている組織です。

形式上は人民武力省に所属しているが、実際は国防委員会の指揮下にあります。

この局の幹部は、3人も国防委員に就任しており、絶大な権限を持っています。

この局は、「軍の宣伝」「思想教育」「軍人の監視」を行っています。

(2013.8.22.)


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る