核兵器とミサイルの開発について
まだ完成していない

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

核兵器は、そのままでは兵器にならず、爆撃機やミサイルを必要とします。

北朝鮮は爆撃機を持っていないので、ミサイル開発をするのです。

核爆弾をミサイルに搭載できるほど小型化し、ミサイルの制御システムが完成しないと、
核兵器としては機能しません。

北朝鮮は、まだそこまで到達していません。

核爆弾には、プルトニウムか高濃縮ウランが必要です。

プルトニウムは、自然界には存在せず、原子炉でウランを核分裂させることで作られます。

北朝鮮は、黒鉛減速炉(ソ連が供与した)の使用済み核燃料から、プルトニウムを生産しました。

使用済み核燃料からプルトニウムを生産するには、「再処理施設」が必要です。

アメリカによると、これまでに60kgのプルトニウムが生産されたといいます。
これは、原爆6~13個の量です。

現在の北朝鮮は、原子炉と再処理施設の稼動を止めています。

高濃縮ウランによる核開発に、方針を変えたようです。

高濃縮ウランの製造には、「遠心分離機」が必要です。

北朝鮮は2002年に、遠心分離機をドイツから輸入しようとして、摘発されました。
この時期から、核開発が再開したようです。

北朝鮮は、2011年11月にアメリカの専門家2人を招き、2000基の遠心分離機を見学させました。

核爆弾を小型化するには、技術・部品・核実験が必要で、北朝鮮はまだ小型化を実現していません。

北朝鮮は、独自に部品を作れず、国際ヤミ市場で購入するしかありません。
それには莫大な金が必要で、アメリカの監視も厳しいです。

そのため、まだ完成していません。

北朝鮮のミサイル開発は、旧ソ連のスカッド・ミサイルを独自に改良したものです。

北朝鮮は、中東戦争の際に、エジプトにミグ戦闘機のパイロットを貸し出しました。

その見返りに、エジプトからスカッド・ミサイルを手に入れました。

ソ連は、北朝鮮にはミサイルを供与しなかったのです。

現在は、射程の長いテポドン・ミサイルを開発しています。

ノドン・ミサイルは、液体燃料タイプで、射程距離は1500mです。
日本を射程に収められます。

命中精度がとてつもなく低いので、軍事専門家は脅威ではないと判断しています。

テポドン・ミサイルは、二段式の液体燃料タイプで、射程距離は3000~4000mです。

液体燃料タイプは、燃料の注入に時間がかかるので、反撃を受けやすい。

ノドンとテポドンに搭載できるほどの小型核爆弾は、まだ完成していないと言われています。

ミサイルは、そのままでは破壊力はありません。
5階建てのビル1つも破壊できません。

だから北朝鮮のミサイルは、それだけでは軍事的には大した事はありません。

(2013.12.8.)


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る