南北が統一するには  課題は6つある

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

世界の視点から見れば、南北朝鮮は、「先進国になった韓国」と「最貧国の1つ北朝鮮」という状態です。

統一が実現した場合、韓国は「国際的な常識のない、貧しい2000万人」を抱える事になります。

韓国の経済力は低下し、国民1人あたりのGDPは、現在の2万ドルから1.4万ドルに急落するでしょう。

北朝鮮の教育水準を上げて、南北の貧富の格差を無くすには、かなりの時間がかかるでしょう。

もし北朝鮮の崩壊によって統一が実現したら、北朝鮮の指導層は「大悪人」として歴史に記録されます。

それを避ける事や、民族の発展を考えるならば、統一へ向かうしかない。

北朝鮮の指導層が統一へと歩めば、彼らは「統一の功労者」として歴史に刻まれます。

そのためには、核開発を放棄して、軍を縮小するしかない。

統一は、韓国による北朝鮮の吸収統一がベストです。

北朝鮮のシステムは、国際社会では通用しないからです。

統一の主導権は、アメリカや中国などの周辺大国に渡してはなりません。

統一への大きな問題は、次の6点です。

① 金正恩などのロイヤル・ファミリーをどう扱うか

② 北朝鮮の軍や党の幹部をどうするか

③ 軍の解除・縮小をどうするか 核兵器をどうするか

④ 経済をどう合併するのか

⑤ 北朝鮮の人々の生活と就職

⑥ 中国の了解をどう得るか

(2013.12.9.)


世界情勢の勉強 北朝鮮の目次に戻る