日本は、朝鮮半島で有事が起きても、軍事介入をしてはいけない

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

日本は、朝鮮半島で有事が起きても、軍事介入をしてはいけません。

もし日本が軍事介入をしたら、中国・ロシア・アメリカも介入してきます。

日本は、朝鮮を植民地にしていた時代に、余りにもひどい統治をしました。

だから現在でも、韓国の人々は「日本人は本当に信用できるか」との質問に、
70%が「信用できない」と答えている。

自衛隊がもし韓国に入ったら、たとえ有事の時でも「再侵略に来た」と考えるでしょう。

日本は、「絶対に朝鮮半島には軍事介入しない」と明らかにした方がいい。

そして、「要請があれば、軍事以外の協力はいとわない」と鮮明に示しましょう。

朝鮮半島の問題は、あくまでも韓国と北朝鮮の問題です。

日本は、603年の白村江の戦い以来、何度か朝鮮半島に侵攻しました。

その度に、中国も朝鮮に侵攻して、日本と対決しました。

これは、「朝鮮半島に手を出せば、必ず中国が出てくる」との教訓です。

バルカン半島や朝鮮半島などの半島地域は、周辺諸国を「巻き込む」特性があります。

朝鮮の李朝末期には、李朝は中国・日本・ロシア・アメリカを巻き込んで、自分に有利になるように展開させようとしました。

そして、李朝は失敗して滅びました。

北朝鮮は、この「巻き込み戦略」を展開しています。

日本は、朝鮮半島での主導権争いに、巻き込まれてはなりません。

巻き込もうとする者が使う論理は、「日本はこのままでは乗り遅れてしまう」という
『乗り遅れ論』です。

しかし、日本が乗り遅れてしまっても、何の問題もありません。

おせっかいをして、有事の対応への事前協議などを持ちかけてはいけません。

他国の内政に干渉して、政治を動かしたり政権を崩壊させようとするのは、大国主義であり優越意識です。

かつての日本では、南北のどちらかに加担して、相手の政権を倒そうとする運動に
多くの人が参加しました。

これは、他国への干渉であり、優越意識です。

(2013.12.9.)


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る