中国と北朝鮮は、本当は仲が悪い

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

中国と北朝鮮は、結束を強調することが多いです。

だがこれは、本当の姿ではありません。

中国は、朝鮮戦争の時に義勇軍を送り、北朝鮮を助けました。

ところが、北朝鮮の歴史は中国の援軍を教えていません。北朝鮮軍の勝利だけを教えています。

中国は、これに不満を持っています。

中国の外交官は、誰も平壌の大使館に行きたがりません。

中国人には、根深い朝鮮人蔑視の感情があります。
また、頑なな改革開放の拒否に幻滅しています。

一方で北朝鮮も、中国が大国風を吹かせて命令ばかりするので、不満を持っています。

中国と北朝鮮は、本当は仲が悪いのです。

(2013.12.9.)


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る