日本から帰国した在日たち 過酷な生活と差別に苦しむ

(北朝鮮の真実 重村智計著から抜粋)

在日朝鮮人たちの帰国運動は、1959~84年まで行われました。

そして、93340人の方が帰国しました。

この帰国運動は、朝鮮総連が金日成へ手紙を出し、実現しました。

帰国した人々は、過酷な生活・労働を強いられました。

その実態は、1984年の「凍土の共和国」という本で、初めて明らかになりました。

帰国した人々は、「帰胞」として差別されていたのです。

(2013.12.11.)


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る