三権分立の仕組みはない
金正恩の独裁体制になっている

(そうだったのか!現代史2から抜粋)

北朝鮮は、三権分立の仕組みをとっていません。

国民が自由に自分たちの代表を選挙で選ぶ、という仕組みはありません。

選挙では、朝鮮労働党が候補者を示しますが、その人を支持しないと大変な目に遭います。
そのため投票結果は、支持率が100%になります。

つまりは、「朝鮮労働党の独裁」なのです。

最高裁判所の判事も、党が決めます。
そのため、裁判は党の意向に沿った判決となります。

党が国家を指導するという建て前はありますが、実際には「金正恩が軍隊の力をバックに独裁する」構造になっています。

朝鮮労働党は、1980年10月以来、1回も党大会を開いていません。

金日成や金正日がすべてを決める体制を続けた結果、党の機能が喪失してしまったのです。

(2014.1.8.)


世界情勢の勉強 北朝鮮 目次に戻る