対人地雷の被害者が世界一

(『コロンビアを知るための60章』から抜粋)

コロンビアでは、今でも対人地雷を敷設しているのは、ゲリラです。

国軍の兵力低下を狙ったり、コカ栽培地を守るために、地雷を使っています。

地雷の被害に遭うのは、貧しい農村地帯の住民が多く、3割が子供です。

コロンビアは、地雷を禁止する「オタワ条約」を、2000年に批准しました。

それ以降、国軍は地雷を敷設せず、地雷を破壊してきました。

国軍が敷設した地雷は、撤去の作業中です。

一方で、ゲリラは地雷敷設を続けています。

地雷の被害者数は、2005年には1124名、06年には1167名と、世界一になってしまいました。

カンボジアやアフガニスタンを抜いたのです。

地雷の寿命は、50年と言われます。
50年間は、被害リスクを抱え続けなければならないのです。

(2013年6月11日に作成)


世界情勢の勉強 コロンビア 目次に戻る